5月20日(土)、ハートリンク主催の「仔犬の社会化」が行われました。

今回は、沖縄県立海邦高校の社会科研究部の学生さんから取材の申し出があり、ハートリンクの活動のひとつ、仔犬の社会化ボランティアを体験してもらいながら取材をしていただきました。

ハートリンクのスタッフ 譲渡会へ参加したボランティアさん

ワンちゃん猫ちゃんを飼っている学生、まだ飼ったことがない学生、近所の吠える犬が怖くて今まで犬をあまり触ったことのない学生さんもいましたが、Cafe lua luaの店内では、ハートリンクのスタッフの説明時には、しっかりと話しを聞き仔犬にご飯をあげたり、触れ合ったりと学生のみなさん笑顔でいっぱいで、里親募集の仔犬の社会化も大成功でした。

ハートリンクのスタッフ 譲渡会へ参加したボランティアさん

仔犬の社会化ボランティア体験後に本社で、海邦高校の学生さんからハートリンクのスタッフがインタビューを受けました。

ハートリンクの活動や譲渡会について、今週末開催予定のがんじゅーチャリティーフェスについて、ベッツパークについてなどインタビュー時は、真剣な表情で質問や回答を聞いていました。

私たちも高校生が今回の取材オファーに至ったキッカケを知りたくて逆インタビューをしました。

質問すると、他のボランティア団体の譲渡会に参加したことがある学生が「部長へ話したことがきっかけで譲渡会活動をしているハートリンクを見つけ取材をすることになり、同じタイミングでテレビCMでがんじゅーチャリティーフェスで開催される譲渡会についても知りました」と話してくれました。

今後を担う若者が、犬・猫の譲渡会や譲渡啓蒙に興味・関心を持つこともすごいと思いましたが、思ったことを行動にしたことに、さらに感心しました。

「仔犬の社会化ボランティア」の時に、在沖米海軍の方たちもボランティアに参加していたので活動の最後にみんなで一緒に写真を撮影しました。
お互いの地域活動が、良い繋がりを持ち、輪が増え続けたら沖縄殺処分ゼロに繋がっていけるでしょう。

「仔犬の社会化ボランティア」はいつでも募集します!

いぬ・ねこ譲渡会へご来場いただき、ありがとうございました。

下記サイトに日程がありますので、ご参考にしてください。
こいぬの社会化ボランティア募集ページ