殺処分ゼロの取り組みやアニマルハートリンクプロジェクトの保護動物の譲渡活動のお話を聞かせてください!と先日星槎国際高校の生徒さんがお見えになり、1時間ほど生徒さん達にお話しをする機会がありました。

授業カリキュラムの一環で「命の授業」というリアルな社会問題に焦点を当てフィールドワークに取り組まれている星槎国際高校の生徒さんたち。

動物達の命の授業

今回は愛護センター収容犬猫の殺処分ゼロの取り組み、譲渡で里親となる人をどう増やすことが出来るのか、一歩踏み込んだ形のフィールドワークとして私たちアニマルハートリンクプロジェクトの活動について情報収集されていました。

動物達の命の授業

高校1年生、高校2年生の生徒さんたちは、不幸な命をなくすために、自らが出来る事を真摯に考えられており、その熱意に感激しました。

というのも、生徒さんたちは、幼稚園や小学校で自分より年下の子供たちに捨てられたり、殺処分されるペットの悲しさを伝える絵本の読み聞かせの実現に向けて準備をされているそうです。

なんとも素晴らしいスピリットですね!

動物達の命の授業

後の世代も後押ししてくれていると実感したことで、私たちの活動も今以上に更に前進しなければという思いにさせられました。

ありがとうございました。