ププ/Pupu

推定5歳と7ヶ月の女の子!

今年の1月に脚を引きずって歩いているところを保護されました。

優しい保護主さんが病院に連れて行ってくださり、脚の状態を調べたところ、後肢骨折していました。

保護主さんが治療をサポートして下さり、骨折も治りましたが、

血液検査をしたところ猫エイズウイルス検査陽性でした。

最初は奥に隠れるように過ごしていましたが入院している間に、喉ゴロゴロ〜スリスリするようになりました!

便秘になりやすいので、可溶性食物繊維のロイヤルカナンの消化サポート(猫)を食べています。

避妊手術済の猫ちゃんです♥

猫エイズウイルス陽性の猫の飼い方や注意事項について聞きたい方は獣医師をお呼びしますので、お近くのスタッフまでお声かけください!  

Meet Pupu… She was rescued by a local when she was dragging her hind leg and the founder visited animal hospital 22. Her leg was fractured and needed a surgery, after the surgery her leg was completely reconstructed. However, we found out she is FIV positive and the founder could not keep her because they have other cat at home.. She is ready to go to a good home that understands who she is and love her. She is spayed and very friendly♥We are looking for a good parmanent home♥Thank you♥